Spring Study groupe in SGNC May 2016

Care Fraters and Sorors.

Do what thou wilt shall be the whole of the Law.

The Spring our Camp Study Group will hold in 15_May, 15:00-17:00, in Osaka city.

The lecture is V.W.V.U.
Title is Qigong for magician.

I will talk about Qigong technique. Qigong is traditional Chinese asana.
I will lecture breathing and the small circle of the evolutive(小周天).
After the small circle of the evolutive method, we will do the Middle pillar ritual.
We will get a new feeling.

If you will attend, please let me know until 8_May, then I send you the information of conference room.
And please contact me if you have any questions.

Love is the law, love under will.

V.W.V.U.
Secretary of Sky Goddess Nu Camp O.T.O. Japan

sgn.secretaryアットマークotojapan.org アットマークchainge to @

仙道の呼吸法と小周天を行うと、中央の柱の儀式がやりやすくなるというお話です。

中央の柱も小周天も、東洋でいうというところの気の滞りが作業を邪魔します、そしてリスクを生みます。これをどう解消して、作業に挑むかといのが、ミソです。

宜しくお願いします。

 

11月の勉強会

Do what thou wilt shall be the whole of the Law.

当Sky Goddess Nu Campは来月、設立20周年を迎えます。
今後ともよろしくお願いいたします。

勉強会開催のお知らせです。

【フリースタイル魔術カバラかるた大会】
開催日:2015年11月22日(日)
講師:O.I.L.(SGN Camp Master)
場所:大阪周辺
参加費:1000円前後(会場代)

詳しくはお問い合わせください。
コンタクト先:sgn.infoアットマークotojapan.org (アットマークを@に変えてください)

簡単な講義の後、ゲマトリアや象徴を用いたかるた大会を行います。
電卓、本、検索エンジン等使用可です。数価の表はこちらで配布する予定です。
お気軽にご参加ください。

Love is the law, love under will.

 

二月の勉強会

Do what thou wilt shall be the whole of the Law.

勉強会の開催のお知らせです。

【身体と生命の木:稲妻の瞑想】
開催日:2/15(日)
講師:NPSPV
場所:大阪周辺

詳しくはお問い合わせください。
コンタクト先:sgn.infoアットマークotojapan.org (アットマークを@に変えてください)

稲妻の瞑想を行うワークショップです。前提となる知識の講義から追儺まで行います。
初心者の方でも気軽にご参加いただける内容となっています。

Love is the law, love under will.

8月のStudy Group

Do what thou wilt shall be the whole of the Law.

Study Group開催のご案内とともに、今年の春に新しいMasterを迎え、Sky Goddess Nu LodgeがSky Goddess Nu Campになったことをお知らせいたします。

日時:8月3日(日)16:00~18:00
場所:大阪
講師:O.I.L.(SGN Camp Master)
参加費:1000円程度(飲み物等込み)

コンタクト先:sgn.infoアットマークotojapan.org (アットマークを@に変えてください)

For Nuit!
Great Work(大いなる作業)という概念はThelemaに於いて基本中の基本となります。
これはたいへん便利な指針として機能しますが、なかなかイメージを掴みづらいところかもしれません。
今回はそのThelemaに於けるGreat Workについて、生命の木を使い、初心者にも分かり易く気楽な感じでお話する予定です。気軽にお越しくださればと思います。

Love is the law, love under will.

Ritual Magick of the Aeon of Horus: 第3回 『スター・ルビーの書』Liber XXV ~新アイオンの五芒星儀式―象徴とその実践

Do what thou wilt shall be the whole of the Law.

Sky Goddess Nu Lodge主催の連続講義、「ホルスの時代の儀式魔術」の告知です。
全6回を予定しています。各回のタイトル一覧は、こちらの記事をご覧ください。

【第3回目】
『スター・ルビーの書』Liber XXV ~新アイオンの五芒星儀式―象徴とその実践

日時:3月9日(日) 14:30-17:00(開場14:15、開始14:30)
参加費: 2,000円
場所:新大阪
講師:Hieros Phoenix (OTO Japan代表)

コンタクト先: sgn.infoアットマークotojapan.org (アットマークを@に変更して下さい)

1913年、アレイスター・クロウリーは次の理念に従って一冊の本を上梓します。

”ある思考、それ自体は虚偽である。従ってその偽証は相対的に真実である。この本は、それ故に人間の言語で表現可能な、真実に近いものとしての声明によって構成されている。”

この本はクロウリーによって『虚言の書』(The Book of Lies)と名付けられ、ロンドンのWeiland & Co.から自費出版された小さなハードカバーでした。本は全93章からなる神秘的な詩集の体裁を採っており、一つ一つの詩にはカバラ的意味が多彩に散りばめられ、ユーモアのセンスと相俟ってクロウリーの作中内にあっても一際異彩を放っています。クロウリーがこの本を通じて伝えたかったことは「言葉」の相対性、従って「言葉によって綴られた概念によっては真理を伝えることができない」という仏教的概念に起因した哲学の重要性です。クロウリーは、この本に混沌と拡散の深淵の悪魔、コロンゾンのゲマトリア数値「333」を付与しました。即ち、言葉とその羅列は真実を覆い隠す拡散と混乱ではあっても、決してそれのみで完結する真理には成り得ないということです。

クロウリーは噂話やゴシップ、おしゃべりや無駄話を繰り返し、「大いなる作業」を遠い未来の作業としておざなりにする人々 (まるで日本のネット魔術界のようですが)を同書にて痛烈に批判しています。『虚言の書』は、難解で幾通りもの解釈が可能な神秘的な詩の集成ですが、他方A∴A∴の魔術師達に向けた普遍的な哲学書であり、実践テキストでもありました。

クロウリーは、この小さな本に三つのA∴A∴の公式儀式文書 (D級刊行物) を挿入しました。一つは、「黄金の夜明け」団の小五芒星儀礼の発展形である「スター・ルビーの書」、同団の小六芒星儀礼の発展形である「スター・サファイヤの書」、そして血を用いることから悪名高いあの「フェニックスのミサ」です。今回の魔術講座では、セレマ魔術師によって最も多く実践され続けている五芒星儀式、「スター・ルビーの書」を採り上げ、その象徴的解釈と実践のノウハウについて詳しく解説します。

Love is the law, love under will.

Ritual Magick of the Aeon of Horus: 第2回 『Oの書』儀式魔術と光の体 (The Body of Light): アストラル体制御の基礎技術

Do what thou wilt shall be the whole of the Law.

Sky Goddess Nu Lodge主催の連続講義、「ホルスの時代の儀式魔術」の告知です。
全6回を予定しています。各回のタイトル一覧は、こちらの記事をご覧ください。

【第2回目】
『Oの書』儀式魔術と光の体 (The Body of Light): アストラル体制御の基礎技術

日時:12月1日(日) 14:30-17:00(開場14:15、開始14:30)
参加費: 2,000円
場所:新大阪
講師:Hieros Phoenix (OTO Japan代表)

コンタクト先: sgn.infoアットマークotojapan.org (アットマークを@に変更して下さい)

 

アレイスター・クロウリーが近代魔術の基礎を学んだ「黄金の夜明け」団。同団では内陣の参入者である小達人を中心として「アストラル・プロジェクション」と呼ばれる星幽体投射の技法を用いた様々な探求行が行われていました。クロウリーの『Oの書』は、そのエッセンスを凝縮した小著ですが、その内容は膨大な情報を含んでいます。「星幽界探索」や「諸界への上昇」と呼ばれる技術は、ある一定の姿勢に座したまま、精神を弛緩と緊張の中点に保持し、第二の身体(光の体)を異世界へと自由に飛翔させることによって可能になります。次回の公開スタディー・グループは、このアストラル・プロジェクションの実際と儀式魔術のと関係について中心的に取り扱う予定です。

http://d.hatena.ne.jp/HierosPhoenix/20081103
http://d.hatena.ne.jp/HierosPhoenix/20090214

アストラル体投射、スピリット・ヴィジョン、星幽界探索などは、魔術のあらゆるジャンルの中でも極めて人気が高いトピックです。その一方で、多くの志願者達が視覚化や集中の訓練で簡単に躓いてしまいます。前方に幻視の扉を打ち立て、意志の力でその扉を越えることは、思いのほか労力のいることなのかも知れません。しかし、そもそも魔術で議論されるべき光の体(アストラル体といっても問題ありません)とは一体何を指すのか? をまず知らなければなりません。それはあなたが想像しているような特殊でミステリアスな不可視の身体でもエーテル体でもありません。それはあなたが普段の生活の中で無意識に使用している何かです。その点を明らかにしつつ、クロウリーが紹介した星幽界探索へのアプローチについて詳しくお話したいと思います。

Love is the law, love under will.

Ritual Magick of the Aeon of Horus: 第1回 儀式魔術の基礎講座

Do what thou wilt shall be the whole of the Law.

Sky Goddess Nu Lodge主催の連続講義、「ホルスの時代の儀式魔術」の告知です。
全6回を予定しています。各回のタイトル一覧は、こちらの記事をご覧ください。

【第1回目】
儀式魔術の基礎講座 イントロダクション

日時:10月27日(日) 14:30-17:00(開場14:15、開始14:30)
参加費: 2,000円
場所:新大阪
講師: Hieros Phoenix (OTO Japan代表)

儀式魔術の基礎は、その構造(骨格)の理解、とりわけ論理的な儀式魔術の構築法の最初の一歩を学ぶことによって開始されます。
本質的に儀式は無味乾燥な理論の産物ではなく恍惚と解放の技、意志とともにある魂の舞踏の如きものです。とはいえ、まず最初にその理論面の基礎を学ぶことは、必ずやあなたの魔術作業に明確な指標と効果をもたらします。

今回のイントロダクションではそもそも儀式とは何か? どのような目的でそれを行うのか? その効果として何が期待されるか?  を解説するとともに儀式魔術の分類や原理を学びます。これらは続く具体的な儀式実践の基礎知識として、あなたの魔術トレーニングの基盤となるものです。今回の学習の要点は下記を含んでいます。

・「黄金の夜明け」がもたらしたもの
・儀式魔術の分類と儀式魔術の原理
-『777』と儀式魔術
– 儀式の構造
– 伝統的魔法円とクロウリー
– 召喚と喚起
– 劇的儀礼とOTOの参入儀式
– グノーシスのミサ
・アレイスター・クロウリーの儀式魔術

主にクロウリーの『ABAの書』(『魔術-理論と実践』を含む)に準拠し、後に続く本儀式魔術講座の包括的なイントロダクションとなります。

魔術の初心者の方であっても臆することはありません。興味のある方はお気軽にロッジにコンタクトしてみて下さい。

コンタクト先:
sgn.infoアットマークotojapan.org
(アットマークは@に変換下さい)

Love is the law, love under will.